シート防水工法

特長

人と地球にやさしい製品づくりに、全力をあげて取り組んでいます。

ロンシールならではのすぐれた物質は、まさにシート防水のパイオニアとしての、徹底した製品へのこだわりと技術革新の中で磨き上げたものです。そして生み出された全ての製品群は、日本の気象条件を考慮した耐久性を備え、あらゆる建築ニーズに対応します。

工場一貫生産

完全管理体制で生産されるロンシール製品

ロンシールは、いち早くISO9001を導入し、製品に対し完璧なまでの設計思想を持ち、厳しい品質管理を行っています。工場内における作業の標準化を徹底し、常に安定したハイクオリティーな製品を生産しています。

環境性

環境へのやさしさをさらに追求。新素材が進化した価値を創出

ベストプルーフエコ環境によりやさしい、熱可塑性ポリオレフィン系エラストマーを素材に採用し、より進化した屋上防水「ベストプルーフエコ」を提案しています。

製品開発力

シート防水業界初の遮熱ルーフィングを開発

防水システムは、高い防水性能とともに室内・周辺環境、ライフサイクルコストへの配慮も必要な時代となっています。ロンシールは卓越した技術力により、シート防水業界初の遮熱性能を持つルーフィング「ベストプルーフシャネツ」を開発しました。環境対策とライフサイクルコスト低減の両立を実現し、業界内外の注目を集めています。

メンテナンス

非破壊診断ができる劣化評価システムを、他社に先駆け開発

短時間でしかも簡単にできる劣化評価システムは、非破壊診断ができる画期的なシステム。肉眼では確認できない小さな傷や穴を容易に発見することが可能なため、正確な劣化状況や改修時期の目安を診断することができます。

防火性

自己消化性を持つロンシールのルーフィング

ロンシールのルーフィングは自己消化性を有しています。ほとんどの仕様は、建築基準法の屋根一般仕様になるため、下地と同等の扱いとなります。建築基準法の規定外の条件については、建築基準法に規定される飛び火試験を実施し、個別認定を取得しています。

耐久性

最新機器の導入で耐久性の向上を実現

長年紫外線や風雨にさらされるルーフィングは、耐久性・耐候性が特に重要なポイントです。シート防水のパイオニアとして、耐候性試験機や疲労試験機など最新機器の導入で、耐久性の向上に取り組んでいます。

寸法安定性

すぐれた寸法安定性により高い精度の施工が可能

ロンシールのルーフィングは、特殊処理した低モジュラスのガラス不織布、またはガラスクロスを中間層に積層する強化構造です。さらに技術革新の中で磨き上げた配合技術・加工技術で、抜群の寸法安定性を誇ります。

施工体制

全国ネットワークで万全のサポート

ロンシールは、単に製品を作り出すことにとどまらず、施工技術者へのサポート体制を整え、全国各地で技術指導を行うなど、ロンシールと全国規模のロンプルーフ防水事業協同組合員とが一体となって万全の施工体制を整えています。