シート防水工法

人と地球にやさしい製品づくりに、全力をあげて取り組んでいます。

日本で初めてシート防水を手がけて以来、50年。わたしたちロンシールは、総施工面積7,000万u以上にわたる実績を積み上げてきました。歴史の中で培われてきた確かな技術と品質で、本当に快適な生活空間の構築を支援する事こそ、ロンシールの存在意義であると考えます。1997年より環境安全委員を設け、地球環境保全のための環境対応プラントとしてのVOC対策や、再生資源の利用、ロングライフ商品の開発などに着手。「次世代のためにできること」を常に考え、人の健康や安全に、そして、それを取り巻く自然環境の保全に最大限の配慮をした、クリーンでエコロジカルな商品の開発を通じて、ロンシールはこれからも社会に貢献していきます。

先進の技術と共に、確かな性能と品質で、シート防水システムの先端を歩んでいます。

現代の建築物において、あらためて防水材料に対する基本性能の向上が求められ、さらには環境との調和、資源リサイクル問題など防水技術だけに、とどまらない進化が求められています。ロンシールは「高性能」「高品質」「高機能」「環境との調和」をキーワードに他の、工法にすぐれるシート防水の特長を最大限に発揮しながら防水システムのさらなる進化を押し進めます。

LONSEAL   Technology

●軽量性で建物負荷を軽減

ロンシールの露出防水仕様における総荷重は約4.0kg/u。アスファルト防水に比べ1/3から1/6と建物の軽量化に大きく貢献します。

●接合性能の良さで抜群の水密性を発揮

ルーフィングの相互の接合は、熱可塑性の特性をいかし、溶剤溶着または熱融着により一体化となります。水密性にすぐれたジョイント性により、水圧のかかるプール防水などにも多く実績があります。

●汚染物質や塩害にも強い耐薬品性

海岸地域の塩害、工業地域の酸性雨や汚染物質による物性の変化が少なく、建物を保護することができます。接着仕様では、特殊エポキシ系接着剤を使用し、コンクリートのアルカリにも影響を受けることがありません。

●高い強度を誇るすぐれた耐圧縮性

ロンシールのシート防水は、塗膜防水やゴム系シート防水に見られる、カラスのついばみによる穴あき事故が発生しにくいことで実証されています。

●豊富なシートバリエーションによりデザイン性をアップ

耐候性を考慮した、あらかじめ着色された豊富なカラーシートのバリエーションは、様々な屋根と調和することができます。紫外線などによる変色もほとんどなく、保護塗料の塗り替えも必要ありません。

Ecology 地球環境の保全を目指した最新の防水システムを開発

高い断熱性で冷暖房費を軽減する「外断熱工法」が、ハイレベルな省エネ効果を実現。また、「ロングリーン仕様」「箱庭名人」により、屋上緑化をより身近なものへと進化させています。さらに、「ベストプルーフシャネツ防水仕様」は、遮熱効果により夏期の冷暖房費低減やヒートアイランド対策に貢献します。

Economy 経済性を追求し、工期短縮とライフサイクル低減を実現

「機械的固定工法」は、新築・改修を問わず、下地処理の容易さでコスト低減と工期の短縮を実現。特に改修時は、既存防水層を撤去せず施工できるため、廃材処理が少なくなります。また、「ベストプルーフシャネツ防水仕様」は、建物の改修サイクルを大幅に延長し、ライフサイクルコストの低減を実現します。

Flexibility 屋上テニスコートやプールなど、多彩な用途に自在に対応

ロンシールのシート防水システムはあらゆる下地に対応できます。また、シート防水と塗膜防水を融合させて、幅広い用途に対応できる「複合防水仕様」や、プール専用の「エルエスプール防水仕様」など、トータルシステムで応えます。