漏水は建物の大敵です。放っておくと建物内部の腐食や、ひび割れなどの拡大を引き起こし、建物の老化を早める結果になります。
それに外壁塗装や屋上防水層は年々老化するものなので、常に注意が必要です。防水の調査から補修工事まで日英工業に安心してお任せください。

改修のチェックポイント

建物にこんな症状があらわれ始めたら…。
丸印をクリックしていただくと、その箇所のチェックポイントがご覧になれます。

●露出防水屋根 アスファルト系・合成高分子系

●押え防水屋根

主な防水工法

アスファルト防水

アスファルト防水は、アスファルトという素材の持つ独自の性能を活かした防水工法です。熱熔融アスファルトの被膜を利用して、アスファルトルーフィング類を張り重ね連続一体化した積層防水層をつくり上げる工法ですから、水密性・耐久性に優れた信頼性の高い防水層が得られるのが特長です。

詳しい説明はこちら

シート防水工法

一般にシート状の材料一枚で防水層をつくる工法です。施工法によって接着工法および機械的固定工法があり、材料の種類によって工法が分類されます。

詳しい説明はこちら

ウレタン塗膜防水工法

1または2成分形の液状塗膜防水材料を不織布またはメッシュなどを入れて補強し、塗布または吹付け等によって防水層をつくる工法。材料の種類によって工法が分類されます。

詳しい説明はこちら

FRP防水

FRPとは繊維強化プラスチックス(Fider Reinfoced Plastics)の略称で、代表的な複合材料の一つです。ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませ、強化した材料です。屋上防水等で使用する場合は、軟質の樹脂を使用して地震などでも割れないようにしています。

詳しい説明はこちら

セメント質系防水工法

防水剤を混入したモルタル、ケイ酸質系の塗布防水剤、水和凝固型防水剤などをコンクリート下地などに塗り付けたり塗布したりして防水層をつくる工法。

シングル葺き工法

成形加工されたルーフィング状の材料を、一定の葺きあしで張り重ねていく工法です。勾配屋根の化粧仕上げに適用。